FC2ブログ

記事一覧

【連載】ボディ・ハッキング+ 2時限目:前編 『新しい楽しみ方』

【いろいろあって期間が開いてしまったので、とりあえず第2話の前半を上げておきます】「今日の体育、なに~?」「体育館で創作ダンスだって~」1時限目が終わったようで、廊下から女子の会話が聞こえた。それを聞いた俺たちは目配せすると、玲子は立ち上がってドアに向かう。しばらくするとジャージ姿の女教師が通りかかった。藤間由香里(とうま ゆかり)、体育教師。剣道の腕前は相当で、全国大会にも出たことがあるらしい。...

続きを読む

【連載】ボディ・ハッキング+ 1時限目 『心の距離』

【この話は『ボディ・ハッキング』のエンディングの拡張版になります。まだ読まれていない方は、本編を先に読んでください。なお、暫定版なので内容が変わる可能性が結構あります。ご了承ください】「…これがクリトリスね。男性もそうだけど、突起が性感帯になっているの…」全裸の女教師は自分の股間の隙間を指で拡げながら、真面目な面持ちで解説した…。養護教諭・牧上玲子(まきがみ れいこ)の『所有者』になった日、俺は彼女...

続きを読む

【短編】忍法・万華鏡

「うーんっ…」「あ、気が付いた、お姉さん?」私が目を覚ますと、可愛らしい声がした。視線を向けると、その声に相応しい可愛らしい容姿の少女が笑みを浮かべて立っていた。「…ここは…え!?」体を動かそうとすると手足が拘束された状態であることに気付いた。更に自分の体を見下ろすと、下着さえも身に着けていなかった。周りを見渡すと、少し離れたテーブルの上に、自分の衣服や下着が並んで置かれているのが見える。内心慌てな...

続きを読む

【ブログ運営】今後の予定

しばらく投稿の間隔が開いてしまったのでフライング気味に始めた『神の贈り物(仮)』は、しばらく凍結することにしました。何話か続きは書いているのですが、いまいち自分で気に入るように話が纏まらないので、最初からの書き直しを含めて気長に書いていくことにします。連載が止まっている『婆ちゃんの贈り物』ですが、話自体は次回が最終話の予定です。他のサイトに投稿するための再編集・書き足し作業の都合で、掲載はまだ先に...

続きを読む

【短編】役に立つ女騎士

「こんな事をしても無駄よ!私を解放しなさい!」椅子に縛り付けられた女騎士は、『私』を睨みつけながら吠えた。愛用の鎧は剥がされているので、凛々しく美しい顔だけでなく、鍛えられて引き締まった肢体も晒されている。『私』はその様子を微笑みを浮かべながら見下ろしている。おそらく女騎士の目に『私』は、知的で落ち着いた雰囲気を持った美貌の女魔法使いに見えているのだろう。体のラインを見せつけるようなローブを身に着...

続きを読む

【連載】神の贈り物(仮) 第1話 『声』

「くそっ!どうしたらいいんだ!」俺は追い詰められていた。薄暗い森の中、敵の位置はおろか、人数さえも分からない。完全武装で銃弾も十分あったが、不利な状況に変わりはない。俺が悪態をついていると『声』が聞こえた。『…お前たちの欲するアイテムを授けよう。想像してみるがよい…』(…よくわからないが…とりあえず敵の位置が分からないと話にならないから…)「じゃあ、生命反応を感知できるゴーグルを!」俺の切実な願いが叶...

続きを読む

アゲ投稿

ブログを観に来たら広告が出てたので急いでアゲました。次作は執筆中ですが、これは予定を早めていかないといけませんね・・・。...

続きを読む

【連載】魔法のアイテムに翻弄されるモノたち 終ノ品 巾着袋

『白鷺志乃』として帰宅すると、両親に多少小言を言われたが、一応メールで知らせていたので基本的には問題は無かった。無論、中身が別人になっているなど、疑われることもあり得なかった。俺は風呂に入って、いつもより念入りに体中を洗うと、湯船に浸かって浮力を感じる胸の感触を楽しみながら、明日の予定を考える。「…とりあえず大学に顔を出して友達に会いたいわ。スマホに写真があるから、それを観ながら誰にするか選ぼっと...

続きを読む

【雑談】『魂の色』について

この話は『憑依の研究』の前に書いていた話です。この後、主人公も憑依能力を身に着け、裏の組織同士の揉め事に巻き込まれて、能力を使って潜入…みたいな感じの話を考えていました。何故、途中で止めたかというと、一番の理由は『終点が見えなかった』からです。どんなラストが待っているのか…それが思い浮かべば続きを書けたのでしょうが、今でも思いつきません。あと『男』の立ち位置をかなりブラックにしてしまったため、話の規...

続きを読む

プロフィール

ドーン@夜明けの街

Author:ドーン@夜明けの街
憑依、変身、マインドコントロールなどを題材とした小説を書いています。
ダーク成分多めですので、苦手な方は注意してください。

Pixivでも作品を公開しています。
↓↓↓のリンクの中にあります。

当ブログ内の文章及び画像の無断転載は禁止です。

リンクはフリーです。

訪問者数

ツイッター